半身浴の温度:夏は少し低めにしましょう

そろそろ暑くなってきましたね!

梅雨明けも近いのでしょうか。。。。さて、今回は、夏の入浴方法について・・

基本の入浴方法は、
・浴槽に入る前に、全身にシャワーをかけて湿らせてからオイルを全身にのばす

・そのままそーっと浴槽に入り、半身浴をする

というのは私の定番の入浴方法です。夏は、紫外線や、エアコンでの乾燥などにより、肌は傷つきやすいです。しっかりと保護し、洗わずに(洗わなくても殺菌は自分の力でできますので)過ごしましょう。

季節によって、けっこうお湯の温度が違います。

バスタイム

冬は半身浴でも温度が低すぎると、体が冷えてしまい、よくありません。

40度程度から試してみて、

・発汗しすぎない(発汗し過ぎると、後で冷えてしまってよくない)

・お風呂から上がっても、しばらくポカポカと体が温かく心地が良いと感じる

この程度の温度に調節するようにしましょう。

発汗しすぎるということは、体が皮膚表面の温度を下げようとして出てくるものですから、汗を出し過ぎたら、後でかえって冷えてしまいますよ!

さて、夏の場合は・・・

夏は、日中に汗をかいて、体温を調節しています。

汗だく

夏は、入浴中に汗をかく必要はありません!日中に発汗で体温調節をした体をいたわってあげるような、どちらかというとクールダウンを意識した方がいいと思います。

ただし、日中の環境で、エアコンが寒く、暑さがつらいと思うことが少ないという方があれば、そういう方は多少、湯船で温まった方がいいかもしれません。

・少しぬるいか、心地良いいかな、というくらいの温度(38度)

・お風呂から出ても汗がそれほど出ない感じ

日中、どのように温度調節をして過ごしているか、などを振り返った上で、浴槽の温度を多少調節するのもいいと思いますよ^^



[関連記事]

アトピー性皮膚炎:肌は洗わないで!

朝シャンが体によくない理由


ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ 

アトピー性皮膚炎:肌は洗わないで!

肌は、口や鼻、生殖器と同様、「排泄する器官」です。

しかもその範囲は全身にわたります。できるだけ、排泄しやすい状態を準備しておくのがベストですよね。

それは、ピーリングすることでも、

保湿剤を入れ込むことでもありません。とにかく、肌が生まれ変わりやすい状況をつくることが大事です。

それには、

・適度な保湿(これにより油分が整う)

・健康的な食生活

・良質な睡眠

・ホルモンバランス

に気を配ることが大事ですよね。

これからの季節、

・体を洗浄剤で洗わない(特に合成シャンプーやボディシャンプーは使用しない)

・半身浴(みぞおちまでの浴槽に10分以上浸かる)というのは合っていないように思われるかもしれませんが、体調が正常(いえ、洗うのをやめて新陳代謝を促進すれば正常になっていくんです)なら、それでもきっちりと出るべきもの(垢)は体から出ていき、悪臭などもありませんよ!

肌を守る入浴方法
◆お風呂に入ったらすぐにシャワーorかけ湯をして、表面上の汚れを落とし、肌全体を湿らせる

(どうしても洗浄剤で洗いたい場合は、この段階で髪も体も洗いましょう)

◆濡れた状態の全身に、ホホバオイルをサーッと塗布してください。

(濡れた肌にはオイルは少量でもよくのびます)これで、半身浴により柔らかくなった肌表面(角質層)から皮脂や必要な皮膚が流れ出てしまうのを防げます。



浴槽から出たらそのまま(やさしくかけ湯をしてもOK)できるだけこすらずにタオルで水分を拭き取ります。

入浴後のお肌のカサカサ・かゆみともサヨナラできますよ!



[関連記事]

体を洗うのをやめましょう!

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

朝シャンが体によくない理由

暖かくなってきたので、そろそろ朝早く起きて、朝風呂するのも気持ちがいいよなぁ~と思っていたのですが、こんな記事を見つけました。

朝シャンが引き起こす3つの悲劇

(1)頭皮の臭い・抜け毛・かゆみを引き起こす

頭皮は皮脂腺や汗腺が多く、一日を過ごした頭皮は皮脂や汗などの汚れが驚くほど詰まっています。このような汚れが頭皮に残った状態で眠ってしまうと、いくらゴールデンタイムに睡眠を取ったとしても、細胞の生まれ変わりや呼吸ができず、成長が滞ってしまいます。

また、菌やダニが繁殖しやすくなり、異常繁殖すると頭皮の臭いや炎症などの症状が起き、さらには抜け毛やかゆみも多くなります。夜のうちにシャンプーをして、頭皮に詰まった汚れを落としてあげることがとても大切です。

(2)健康な髪の毛が生えてこなくなる

実際に髪の毛が生える時間帯は、AM3:00~AM9:00と言われています。この時間帯は毛穴が開いている状態であり、シャンプーをしてしまうと、いくらすすいでも毛穴に洗剤が残存しやすくなります。このことが毛根にダメージを与え、脱毛や薄毛を招いてしまいますし、健康な髪の毛が生えるのを妨げてしまう原因にもなるのです。

(3)頭皮が紫外線ダメージを受けやすくなる

頭皮の脂は、頭皮を紫外線から守る働きがあります。その脂は、シャンプー後6時間以上経ってから分泌されると言われています。つまり、シャンプー後すぐに出かけてしまっては、紫外線の影響を受けやすくなってしまうのです。

朝にシャンプーを行うだけで、このような多くのリスクを生んでしまうというわけです。とても恐ろしいですね。また、健康な髪の毛は、見た目年齢を若くします。10年後20年後も健康な髪の毛でいるために、今日から夜シャンプーの生活リズムに改善してみてはどうでしょうか。

ん~。これはつらい。朝シャンできなくなった(笑)

でも、正直、朝シャンするとお肌も乾燥気味になりがちなのは実感はありました。オイルを塗って対策していても、特に、朝シャワーをした後は、冷房が体にコタエル・・・

そんなわけで、去年から、朝風呂は控えました。

その代わり、夏は夜に半身浴する時、湯船の温度を少々低めにして、体をクールダウンさせるようにします。暑くすると暑くて眠れませんよ~

まあ、冷た過ぎたらそれはそれで寝入りにくいのですが、上手に調節すると、暑い夜でも眠りやすくなりますよ^^(ちょっと気が早いですね)

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

にほんブログ村



美容・ビューティー(全般) ブログランキングへ

ランキングに参加しています。

クリックしていただけるとうれしいです^^