四十肩・五十肩

四十肩とか五十肩とか言いますが、この症状が出ている時は、とにかく出ている痛みを整体で取り除いていくことで、体全体のストレスを取り除くことにつながります。

「体のストレスを、一手に肩や腕に感じることで放出している」状態といえるんじゃないかと思うほどです。

原因は一概にはいえませんが、痛くなってから時間が経っている人は

・背中から腰(後背筋・こうはいきん)自体がすごく凝っている

・首の凝り

・大胸筋など、胸や胸郭、横隔膜近辺の凝り

などがみられます。

・推拿でほぐす

・内臓整体

・顔面反射セラピー

・足の反射療法

を使って、痛みを順に取り除いていくことが多いです。

「なんか、肩が痛いなぁ・・」と思ったら、できるだけ早くに整体を受けに来てくださいね^^

表面に出ている症状を、根気よく整体で取り除いていくことで、長い間、痛みを抱える期間を短くすることができますよ。

アトピーへの取り組み方

肌にかゆみや湿疹などの症状が出ると、精神的にもつらいですよね。

私も、体質的にはアレルギーがあり、5,6年は顔だけに湿疹の症状が出る状態でした。化膿した場合だけステロイドを使いましたが、体液(ジュクジュク)の場合は基本的には薬で抑えず、「出るものは出す」(西洋医学での治療行為はしない)対応していました。

私の場合は、顔だけに症状が出ていて、自分からは見えないし、なぜか症状の割には痒みは比較的少なかったので、それで乗り切ることができました。

冬から春先にかけて出ることが多かったですが、5,6年経った後、だんだんと治まってきました。

肌への症状の場合、整体での対応に加えて、肌に対してはどのように対処するか?も気になりますよね。

・必要な時には薬を使う(塗布も飲用も)

・いずれ薬から脱することはある程度想定しておく(脱ステロイドなど。やみくもに使いすぎないように)

整体は、

・新陳代謝を高め、毒素を排出しやすくする(日常のストレス、症状があることによるストレスで代謝が落ちるのを防ぐ)

・体のバランスを整える(血液の滞りを解消、推拿などを使います)

・骨格の調整(カイロプラクティック、オステオパシー誇張法、頭蓋仙骨療法などを使います)

・気持ちを前向きにする(気功や瞑想)

これらのことを目的として行います。

症状が「いつよくなるか」はっきりとは見えないのはとてもつらいことですよね。(私もそうでした)

でも、これも体質と思って、「上手につきあう」肌の症状とつきあうことで「生活に取り組む姿勢や考えを確立する機会になる」と考え、前向きに取り組みましょう。

・身の回りの化学物質(洗浄剤やその他毎日使うもの)

・食べ物に入っている添加物・症状を引き起こす原因になっているかもしれないものなど

についても考えるきっかけになるかもしれません。

なお、肌へのケアは、薬以外のものを使う場合は、薬局やナチュラルショップで手に入る、

・化学物質を使っていない無機質のもの

・肌の保護に徹し、外的要因から守るもの

・なおかつ、肌の代謝を妨げないもの

を使ったお手入れの方法についてのアドバイスも可能です(商品の販売はしておりません)

頭蓋仙骨 オステオパシー

頭蓋仙骨 オステオパシー


 

 

肩こり

肩こりの原因って、何でしょう?

日常生活で、スマホやパソコンなど、AV機器などを使う時間が長いという、物理的な要因もあるでしょう。

他には、体が、全体のバランスを取ろうとするために、結果として凝っているということもあると思います。

肩だけが凝るわけではなく、背中や腰、膝などにも影響がある人が多いです。

ただ、本人が認識しているのは「肩が凝っていて、首がしんどい」など、自分の意識のいく場所なんです。

整体の施術をする際、

「痛いところが悪い場所とは限らない」ので、一度頭を白紙にして、診るようにしています。

肩コリを訴える人には

・視力・・パソコンをしている時間が長い、メガネが合っていない(見えにくい状態)
・姿勢・・ずっと同じ姿勢でいることが多い
・運動量・・一日の運動量が少ない

が多いです。

各部位の症状と、整体での対処法

・体の特定の部分が血行不良になる(原因を取り除く施術)
・血流が滞ると、邪気がつきやすい(気功をやります)
・内臓の動きが滞ると、他の臓器にも少しずつ影響していく(内臓整体など)

その場所に、ふさわしいタイミングで、合った技術を選び、施術していきます。

これも、その場所が凝っているからといって、直接やる場合と、他のところをやったら楽になる場合があります。

1-2014-01-29 12.26.36 2-2014-01-29 12.28.41


整体の施術の流れ

体の痛みや違和感は、体全体がバランスを取るために行った結果、その人が(痛みや違和感を)感じやすい場所に起こると考えています。

「痛い場所」=「悪い場所」

だとは考えていません。

体のストレスの出口が、もしかしたら「痛い場所」なのかもしれません。

まずは、先入観を抜きにして、全体的なバランスを見ています。

・体が「どの場所から整体をして欲しいか」をみきわめます。(全身傾聴)

整体 気功

整体 気功


・仰向けか、うつ伏せか、どちらか決まれば、そこから始めます。

・凝っている部分で、筋肉調整が必用な場合は、推拿(すいな)や押圧(おうあつ)なども使いながら、コリをほぐしたりもします。

推拿 整体

推拿 整体


・骨格の調整なども(カイロプラクティック、もしくはオステオパシーの誇張法でも関節の調整はできます。ボキボキがコワイ!という方はお伝えくださいね^^)

カイロ 整体

カイロ 整体


・その他、オステオパシー(内臓整体や、頭蓋仙骨治療など。眠ってしまう方も多いです)

内臓整体 オステオパシー

内臓整体 オステオパシー


頭蓋仙骨 オステオパシー

頭蓋仙骨 オステオパシー


・最近は、「フェイシャル気功」もよく使っています。こちらは体に未だ出ていないストレス、痛みなどの自覚症状が出ていないものも改善することができます。

詳しくはまた別の機会に説明しますね^^

整体 大阪市