クエン酸洗浄水を手作りしましょう

重曹の消臭剤に続き、クエン酸の消臭剤もあります!

この2つは、なにが違うのか?というと、汚れの質によって使い分けています。「油汚れ・手あか・湯あか」は酸性の汚れ→アルカリ性の重曹で汚れとり

「石鹸カス・尿・水あか」は、アルカリ性の汚れ→酸性の酢やクエンで汚れとり理由があるんです^^

・・ということで、アルカリ性と酸性の洗浄液さえ作っておけば、「○○用洗剤」などはいらなくなります。

クエン酸水溶液の作り方

水500ml

クエン酸小さじ2杯~2杯半を入れて、振って混ぜる。

これだけです^^

クエン酸だけだと何のさわやかさもないので(無臭)、精油を入れるといいですよ!

こういう時は、ペパーミントやユーカリ、タイムなどが「サワヤカ~」な感じがしていいですよね!

酢でも同じように使えますが、やはり酢のにおいがしますからね・・・ツーンと。

クエン酸は持っていても他にも色々と使えますので、便利ですよ~^^

重曹で手作り消臭剤を作りましょう

せっけんライフをしている方にとっては、クエン酸や重曹は、セットでお使いいただくととても便利なお助けグッズです。

汚れの種類によって使い分けるのですが、前回に引き続き「消臭剤」の作り方をご説明したいと思います。におう場所、におうところには、必ず理由があります!「においを消す」ことよりも、においの原因を取り去ることが先決です^^

そして、匂いの元を取り去った後は、重曹の登場です~!

【下駄箱やクローゼットに】

重曹は、水分も吸収してくれます。消臭剤としての使い方は、

・不要になった靴下や、ストッキングなどに重曹を入れて、靴に入れておく。

・靴箱や、玄関の目立たない場所に、容器に重曹を入れて置いておく。

その際、レモングラスやライムの柑橘系の精油、もしくはタイムやユーカリなどのさっぱり系の精油を入れてざっくり混ぜておくのもいいですね^^重曹は「炭酸水素ナトリウム」のことです。買い求める時は「重曹」を購入するといいですよ^^

そのほかの場所には、こんな場所にも使えます!

匂いの気になる場所、他にも、

・冷蔵庫(容器に入れて置いておく)

・食器棚(容器に入れて置いておく)

・ゴミ袋(ふりかける)

・まな板(ふりかけてから洗う)

という使い方もあります!

手作りの消臭剤

部屋の消臭剤って、基本的に、購入したり使うという機会が一切ないのですが、旅先で、普通にホテルのクローゼットにおいてあったりしますね・・・

でも、やっぱり成分が気になります。でも、化粧品じゃないから、きっちり表示する義務がないのかな?

【花王リセッシュ】

両性界面活性剤、緑茶エキス、除菌剤、香料、エタノール

【P&Gファブリーズ】

トウモロコシ由来消臭成分、除菌成分、水溶性凝集成分、香料、水

もう、この表現の時点で限りなく怪しい!

これで、「赤ちゃんに使っても大丈夫」とかよう言いますね。信じちゃったら、いけませんよ~!

でも、表現が曖昧な限り、調べることが不可能なわけです。

調べられたら困るんでしょうかね。

除菌成分は入っているのかもしれませんが、洗浄成分は一切入っておりません。

匂いの原因って、洗浄しない限り、取れませんよ!

消臭剤は、洗浄せずに、匂いをとる(香料でごまかす)ということですよ!

化学成分で検索することができないのが残念ですが、対策は、いたってシンプルにできますよ^^

「におってきたな~」と思ったら、洗いましょう!

消臭剤は、、、、精油を素敵混ぜたミストで代替できます。精油の成分は、抗菌作用もあります!匂いを香料でごまかすのではなく、もし雑菌などが原因の場合は、精油成分がそちらに作用し、香りは弱くはなりますが、有害成分h出ませんよ^^

手作り消臭剤の作り方

ミストポンプに

ポリプロピレン製のミスト容器

水と消毒用アルコールを半分ずつ入れて、精油を合計5滴程度入れたら、出来上がり!
精油は、【殺菌作用が強い】ペパーミント・ユーカリ・ティートリー、タイム、ローズマリー(2滴)

【香りによる癒し】ラベンダー、ローズウッド、イランイラン、ゼラニウム(2滴)

【殺菌と爽やかな印象】オレンジ、レモングラス、ゆず、レモンなどの柑橘系(1滴)

これだけで、できあがり!

安全ですよ!

子供さん、ペットがいるおうちでは、できるだけこういった安全な手作りのものを活用してくださいね^^

(これは消臭剤ですので、ペットに直接かけたりとかしないでくださいね~^^)