足のにおい、何とかしたい!【その2】

さて、前回の記事「足のにおい、何とかしたい!【その1】」の続きです。

足の臭い対策【その2】

【足の蒸れを避ける】

シルク五本指靴下を履いて、足のムレを常に防ぐ(夏もシルク靴下は履きましょう!シルクは汗は吸い、放出してくれますのでムレません。保湿は、ツルツルのかかとのためにも大切ですよ)

オフィスワークの方は、五本指のインナーソックスを必ず履きましょう。

パンプスの下に履く「フットカバー」は、こんなものです

シルク五本指フットカバー/パンプスインナー/シルク5本指フットカバー/レディース/フットカバー…



¥699

楽天

 

【靴のメンテナンス】

靴を脱いだら重曹の消臭剤を靴の中に入れます。

重曹の消臭剤の作り方

・不要になった靴下や、ストッキングなどに重曹を入れて、靴に入れておく。

・靴箱や、玄関の目立たない場所に、容器に重曹を入れて置いておく。

もしくは、こういうの、使ってませんか?あったら、これ便利です~^^

ストッキングタイプ 水切りゴミ袋 浅型排水口用(30枚入)[水きりネット]



¥235

楽天

その際、レモングラスやライムの柑橘系の精油、もしくはタイムやユーカリなどのさっぱり系の精油を入れてざっくり混ぜて、ストッキングに入れましょう。何重かにしておくといいですよ~

【靴を3足以上持つ】

靴のメンテナンスを行うには、少なくとも2日間必要です。また、メンテナンスを行わず、同じ靴を履き続けると靴の湿気が抜けきらず臭いの素になります。靴は1日履いたら2日間は休ませましょう。それには最低でも靴が3足必要になります。

【下駄箱の消臭と乾燥】

下駄箱自体も、常に消臭・乾燥させましょう。

上述の重曹が活躍しますよ!小さな紙コップに入れて、片隅に置いておきましょう。(精油を入れると効果的です!)

なお、靴を乾燥させるとき、お菓子に入っているシリカゲルを使うのも良いでしょう。シリカゲルをそのまま袋ごと入れておけば、靴の中の湿気をきちんと吸収してくれます。しかも、シリカゲルは乾かせば、何度でも使えますのでコストパフォーマンスにも優れています。

この内容は「これができれば、とっても理想的」ですが、【その1】での内容をきっちりやって、まずは根本的に「合成洗剤・合成香料、菌の繁殖」とサヨナラできたら、かなり改善されるじゃないかなと思います。

【その1】でも書きましたが、

足の裏には体のほかの部分よりも3~10倍の汗腺(エクリン腺)が集中していて、両足で1日にコップ1杯程度の汗をかくと言われています。エクリン汗腺とは体温調整してくれる大切な汗腺で、99%が水なのです。

通気性の悪いブーツやストッキングが、菌の繁殖を招き、悪臭の元となります。

ところで、実はシルク混のストッキングもありますよ~。それについては、また別の機会にEmbarassed

[関連記事]

足のにおい、何とかしたい!【その1】

踵(かかと)のガサガサ、何とかしたい!

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村



美容・ビューティー(全般) ブログランキングへ

足のにおい、何とかしたい!【その1】

前回、【踵(かかとのガサガサ、何とかしたい!)】という記事を書きましたが、見た目だけではなく、やはり足の匂いも気になりますよね。特に、飲み会などで靴を脱ぐお店だったりしたら・・・

少々季節外れにも思えますが、これも一時的な対策で改善するものではなく、根本的な改善を考えたら、次のブーツの季節には改善するだろう、というのがいいと思います。対症療法ではなく、根本的な改善を目指しましょう!整体と同じですよ~^^

足の臭いの原因は汗と細菌

そもそも足の裏にはカラダのほかの部分よりも3~10倍の汗腺(エクリン腺)が集中していて、両足で1日にコップ1杯程度の汗をかくと言われています。エクリン汗腺とは体温調整してくれる大切な汗腺で99%が水です。したがって、基本的に汗そのものは無臭であり、ほとんど臭いはありません。

臭いの原因となるのは、表皮ブドウ球菌やいわいるバクテリア、コリネバクテリウムといった細菌です。

これらの細菌が汗によって流れた成分を分解し、あの嫌な臭いを発生させるわけです。

とくに、ブーツやストッキングは通気性が悪く、高温多湿になりやすいため足が蒸れやすくなります。これが臭いをさらに増強させるわけですが、足の蒸れは水虫の原因にもなるので注意が必要です。

このため、冬場など革靴を履く機会が多くなるときは、できるだけ天然の革靴を選ぶことをお勧めします。天然の革は、合成革に比べて通気性がよく、汗も吸収しやすいので足の蒸れをその分だけ軽減してくれます。

足の匂いが気になる人は、

足の臭い対策【その1】
【まずは清潔に】

ボディシャンプーではなく、必ず石鹸で洗いましょう!

合成の洗浄剤は、保湿剤も入っています。

この保湿剤が、足の蒸れる原因の一つになっています。その他、余計な香料なども、使わない方がいいですよ!


【足の角質を落とす】


汗と一緒に流れ落ちた角質が細菌によって分解されると、あの嫌な臭いが発生します。

普段から足の手入れをしっかりとして、角質を減らしておけば、足の臭いを抑えることができます。

また、足が蒸れた状態になると皮膚の角質はどんどん脱落し、細菌による角質の分解も進みやすく、臭いがより強くなるので気をつけてください。まずは、フットケアサロンなどへ行き、角質ケアをするのもひとつの方法だと思います。



【足湯をする】


バケツか、足湯用の容器に40度以上の熱めのお湯をはり、お酢をコップに一杯いれます。そのお湯の中に足を15分間浸します。これにより足の血行促進、細菌を抑える作用が働きます。

また、とくに足の臭いが強い人は、お酢の代わりにお湯にミョウバン水を混ぜて足湯をすると効果的です。ミョウバン水の作り方:500mlのペットボトルにミョウバン10gを入れたものが原液。

足浴の場合は、200ml程度入れてみたらいいと思います。水虫対策にもなりますよ!

足浴をする際に、香りも楽しんじゃいましょう^^

足浴の温度は、少々熱く感じる程度でいいですよ。夜は、寝入りづらくならないように、多少、調節してくださいね。滝汗が出るくらいだったらやり過ぎです(笑)朝の場合は、それくらいの温度でもOK!

お湯を張ったら、酢かミョウバン水を入れ、精油を入れましょう。

その時の精油は、

1.殺菌力⇒ティートリー・タイム

2.香りも楽しめるしデオドラントや殺菌効果あり⇒サイプレス・ジュニパー・ペパーミント・ローズマリー

3.肌ケアもできるし香りもいい⇒ラベンダー・クラリセージ・ローズウッド

こんな感じで1,2,3各グループから1つずつ精油を選んでみてくださいね!

(万能な精油ばかりを選びましたので、足浴だけではなく、いろいろ活用できますよ~)

[関連記事]

かかとのガサガサ、なんとかしたい!

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

にほんブログ村



美容・ビューティー(全般) ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです!