アトピーへの取り組み方

こんにちは!
大阪・十三の整体サロン、リフレッシュ・ジョイの五十嵐です^^

肌にかゆみや湿疹などの症状が出ると、精神的にもつらいですよね。
私自身がアレルギー体質で、顔だけにアトピー症状が出ていました。
最初にひどく化膿して、その際にステロイドを使いました。
その後は体液(ジュクジュク)の場合は基本的には薬は使わず、
「出るものは出す」(西洋医学での治療行為はしない)対応していました。

顔だけアトピーで、鏡がなければ自分ではわからない。
症状の割には痒みは比較的少なかったことで、
乗り切ることができたのでは?と思います。

冬から春先にかけて症状が出ることが多かったです。
出たりおさまったりを繰り返しながら8~9年かかりました。

そんな私自身の経験も踏まえて、
整体と、肌ケアについての向き合い方が定まりました。

肌ケアの考え方

  • 薬の使用は必要に応じて(全否定はしません)
  • いずれ薬から脱することは想定しておく(脱ステロイドの方向へ)

整体を受ける目的

  • 新陳代謝を高め、毒素を排出するように。
  • 体のバランスを整える(血液の滞りを解消、推拿などを使います)
  • 気持ちを前向きにする(気功や瞑想)
  • 霊障があれば気功ヒーリング
  • 精神面・考え方の癖などもヒーリングで改善

よくなる時期がわからないというのはつらいことですよね。
でも、「体質」「傾向」であると割り切って、
「どうやってうまくつきあっていこうか?」
と肌ケア方法を確立していくといいですよ。

「持論」が確立すると、精神的に安定します。
(迷いがなくなる)
すると、自然と肌の状態もよくなっていくのです。

  • 身の回りの化学物質(洗浄剤やその他毎日使うもの)
  • 食べ物に入っている添加物

肌とは関係ないと思いがちですが、影響がありますよ。

肌ケアに迷う方に対してお手伝いしたいこと

  • 化学物質を一切使わないお手入れ・肌の保護方法
  • 数ある情報の中から安全なものを選ぶコツ・知識

迷いがなくなると、精神的に楽になりますよ^^

また、アトピーの症状が落ち着いてきたら、
ヒーリングにより「心のくせ」に気づき、
自分を俯瞰できるようになります。
そして病気にならない生き方・考え方がわかります。

あなたが「アトピーでいる」必要がなくなり、
症状が改善されていくことでしょう^^

お手伝いさせてくださいね。

リフレッシュ・ジョイのメニュー:リンク先をご紹介!

各メニューはコチラへ^^⇒メニューと料金

お問い合わせはコチラ⇒問い合わせ・相談する

日時を見て予約する方は⇒メニューを見る・ご予約【ispot】

LINE、はじめました。予約もLINEでOK!

登録いただいた方だけの特典があります。

今後もLINEだけの特典・配信も配信をしていきます^^
ぜひご登録くださいませ。

友だち追加
または、@rf-joy.comで検索


関連記事

  1. アトピー 冷え性 ウォームビズにはシルクインナー

  2. アトピー 肌に湿疹が出ている時はすっぴん?

  3. アトピー 継続整体 整体師への不信感

  4. スキンケア コスメジプシーになってしまう理由は?

  5. アトピー 肌の保護に使えるパウダー

  6. 痒くなるのは、どんなとき?

  1. 2020.10.05

    電話カウンセリング:喫煙について思いを深めた例

  2. 2020.10.04

    2020年10月のスケジュール

  3. 2020.10.04

    自らの魂の声をきき 目標を決めよう

  4. 2020.09.17

    あなたはすでに「勝っています」!?

  5. 2020.09.16

    余命を意識して生きよう

  1. 2018.03.15

    トイレのウイルス感染防止:徹底しましょう!

  2. 2018.03.14

    アロマテラピー 精油で抗ウイルス用ミストを作成

  3. 2018.02.01

    ことば:いつまでも自分を甘やかしたい心

  4. 2017.11.01

    気功 他人の邪気を受けないようにするコツ

  5. 2017.07.12

    エネルギー・バンパイアから自分を守ろう!

  1. 2017.11.14

    アトピー シルクは素肌に使わないと意味がないですよ

  2. 2017.11.22

    冷え性 着ぶくれせずぬくぽかになるコツ教えます!

  3. 2019.10.24

    カウンセリング 思いを「ことば」にしてみよう!

  4. 2019.02.09

    「アンチエイジング」なんていらない!

  5. 2019.09.07

    自分の「怒り」が自分に向けられている場合