足のにおい、何とかしたい!【その2】

さて、前回の記事「足のにおい、何とかしたい!【その1】」の続きです。

足の臭い対策【その2】

【足の蒸れを避ける】
シルク五本指靴下を履いて、足のムレを常に防ぐ(夏もシルク靴下は履きましょう!シルクは汗は吸い、放出してくれますのでムレません。保湿は、ツルツルのかかとのためにも大切ですよ)
オフィスワークの方は、五本指のインナーソックスを必ず履きましょう。

パンプスの下に履く「フットカバー」は、こんなものです
シルク五本指フットカバー/パンプスインナー/シルク5本指フットカバー/レディース/フットカバー…

¥699
楽天

 
【靴のメンテナンス】
靴を脱いだら重曹の消臭剤を靴の中に入れます。
重曹の消臭剤の作り方
・不要になった靴下や、ストッキングなどに重曹を入れて、靴に入れておく。
・靴箱や、玄関の目立たない場所に、容器に重曹を入れて置いておく。

もしくは、こういうの、使ってませんか?あったら、これ便利です~^^
ストッキングタイプ 水切りゴミ袋 浅型排水口用(30枚入)[水きりネット]

¥235
楽天

その際、レモングラスやライムの柑橘系の精油、もしくはタイムやユーカリなどのさっぱり系の精油を入れてざっくり混ぜて、ストッキングに入れましょう。何重かにしておくといいですよ~
【靴を3足以上持つ】
靴のメンテナンスを行うには、少なくとも2日間必要です。また、メンテナンスを行わず、同じ靴を履き続けると靴の湿気が抜けきらず臭いの素になります。靴は1日履いたら2日間は休ませましょう。それには最低でも靴が3足必要になります。
【下駄箱の消臭と乾燥】
下駄箱自体も、常に消臭・乾燥させましょう。
上述の重曹が活躍しますよ!小さな紙コップに入れて、片隅に置いておきましょう。(精油を入れると効果的です!)
なお、靴を乾燥させるとき、お菓子に入っているシリカゲルを使うのも良いでしょう。シリカゲルをそのまま袋ごと入れておけば、靴の中の湿気をきちんと吸収してくれます。しかも、シリカゲルは乾かせば、何度でも使えますのでコストパフォーマンスにも優れています。

この内容は「これができれば、とっても理想的」ですが、【その1】での内容をきっちりやって、まずは根本的に「合成洗剤・合成香料、菌の繁殖」とサヨナラできたら、かなり改善されるじゃないかなと思います。
【その1】でも書きましたが、
足の裏には体のほかの部分よりも3~10倍の汗腺(エクリン腺)が集中していて、両足で1日にコップ1杯程度の汗をかくと言われています。エクリン汗腺とは体温調整してくれる大切な汗腺で、99%が水なのです。
通気性の悪いブーツやストッキングが、菌の繁殖を招き、悪臭の元となります。
ところで、実はシルク混のストッキングもありますよ~。それについては、また別の機会に 😉 



にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

美容・ビューティー(全般) ブログランキングへ

関連記事

  1. インフルエンザは自然治癒を待つだけでOK

  2. 「習慣化」するコツは?

  3. 踵(かかと)のガサガサ、なんとかしたい!

  4. まだまだ寒いので、冷えとり対策しましょうね!【半身浴編】

  5. 割り箸は危険なの?

  6. 安全な入れ歯洗浄剤ってないの?

  1. 2019.09.17

    人のふり見て自分を反省しよう!

  2. 2019.09.16

    「非言語」で伝える技術も使いましょう^^

  3. 2019.09.15

    コミュニケーション上手になるコツ

  4. 2019.09.14

    自分の感情を言語化したほうがいい理由とは?

  5. 2019.09.13

    ◯◯を大事にしないと、運気を逃しちゃうー!

  1. 2017.11.01

    気功 他人の邪気を受けないようにするコツ

  2. 2017.06.28

    基本気功体操 真理を学ぼう!

  3. 2018.03.18

    白砂糖はなぜ「控えたい」のか?

  4. 2017.10.24

    スキンケア 肌を老化させないクリームの塗り方

  5. 2017.08.31

    肌育しましょ★ケミカルコスメ(化粧品)を卒業する方法

  1. 2017.09.17

    スキンケア 湯シャン ハーブシャンプーもありますよ~

  2. 2019.02.09

    「アンチエイジング」なんていらない!

  3. 2019.02.03

    整体 気管支炎 関節炎 不眠 恐怖心にとらわれないで!

  4. 2019.02.02

    【感想】遠隔整体 潰瘍性大腸炎の方

  5. 2018.05.03

    気功法 地球のエネルギーを体に取り入れよう