〈アトピー性皮膚炎〉の定義とは

アトピー性皮膚炎って、よく病名として耳にしますが、一体どういう皮膚炎のことをいうのでしょう?

アトピー性皮膚炎の定義と診断基準
定義

アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り返す掻痒(かゆみ)のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ。
診断基準

①掻痒(かゆみ)、

②特徴的皮膚症状と分布(左右対称性の急逝あるいは慢性湿疹病巣の分布、年齢により特徴的な分布)、

③慢性・反復性の経過(乳児では2ヶ月以上、その他では6ヶ月以上を慢性とする)
①、②、③のすべてを満たす場合をアトピー性皮膚炎と診断する。
 
アトピー性皮膚炎を起こしやすい背景に
①家系内にアトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎の人がいる場合が多く、

②アレルギーを起こすIgEという抗体を作りやすい素因を持っていることが指摘されている

最近では、これに加えて

③皮膚が乾燥しやすい人に起こりやすい

ことが指摘されている。
 
アトピー性皮膚炎の診断は、
①非常に痒い湿疹が

②特徴的な部位に

③繰り返し出現してくること

を見出すことによって行われる。
もちろん、肌に繰り返しの、特徴的な湿疹が出たからといって、「アトピーである」と断言はできません。アトピーと間違って診断されやすい皮膚病がありますので・・・
nikukyu02-013 nikukyu02-013 nikukyu02-013

私は、7,8年、顔だけに湿疹が出るという症状がありました。

最初にひどく化膿した時は、病院でいきなり強めのステロイドを塗られました。(何の説明もなかったですが・・その後自主的に使わずに、別の漢方医のところに通い、症状に対処していました)その後、悪化・寛解を繰り返して(完全に治ったり、また少し出てきたりを数年繰り返していました)今では完全に治癒しています。症状がまったく出なくなって6年ほど経過しました。
肌質としては、「超乾燥肌」、アレルギー体質はもっていますが、

「私は(何かを)体が受け付ない場合は、肌や気管支が反応して教えてくれるセンサーをもっている」と解釈しています^^

体質は、そう変わるものでもないので、今でも「いつまた(顔に湿疹が)出てもおかしくない」と思っています。

まあ、仕事柄、症状が出たら自分の体で実験ができるというメリット(?)もあるので、実は少々期待している・・・気持ちも、あります・・・人では試せないですからね。
肌の症状が出た時に知りたい対処法は、
・外出時、化粧はどうするか?

・肌の保湿はしたいし、外気やホコリからどうやって肌を守るか?

・体液が出ている場所はどうしておくのがいいか?
ではないでしょうか?肌に乗せるものに、一体何が入っているのか?とても気になり、成分表示をひとつずつ調べたりしていました。

当時、どのように対処していたか、何がよかったか?など、今はもっといいものがあるかもしれませんが、当時の私の対処法も含めて、順に記事にしていこうと思います。


ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ 

関連記事

  1. 便秘をとことん整体で対応

  2. 冷え性対策、万全ですか?

  3. アトピー 冷えとり 痒くならない下着

  4. アトピー 石鹸シャンプーのベタつき解消法

  5. アトピー 危険!「あかちゃんのおしりふき」

  6. かけることばはないけれど

  1. 2019.02.18

    潜在意識の映画を楽しみましょう^^

  2. 2019.02.17

    潜在意識 妖精に頼んじゃおう!

  3. 2019.02.16

    潜在意識 自己愛を深める方法:具体例

  4. 2019.02.15

    潜在意識 気功を使ってトラウマ外し

  5. 2019.02.14

    気功 潜在意識 徳の高い猫さんの話

  1. 2018.03.17

    インフルエンザは自然治癒を待つだけでOK

  2. 2017.09.09

    スキンケア:乳液に入っているもの

  3. 2017.07.03

    エネルギーバンパイアになっていませんか?

  4. 2018.03.18

    白砂糖はなぜ「控えたい」のか?

  5. 2017.11.01

    気功 他人の邪気を受けないようにするコツ

  1. 2017.12.21

    なかなか痩せにくくなってきた悩み

  2. 2019.02.07

    整体 つらい記憶・ストレスを浄化

  3. 2017.11.14

    アトピー シルクは素肌に使わないと意味がないですよ

  4. 2017.12.27

    整体 寝付きが悪いという相談

  5. 2018.04.01

    食の安全 安い醤油には理由がある[その1]