日焼け止めクリームのSPFやPA++の意味は?

こんにちは。

女性のこころとからだの健康を応援したい、リフレッシュ・ジョイの五十嵐です。
湯シャン(お湯だけで洗髪すること)を続けておりますが、洗顔も石けんも使わず、「お湯だけ」でやっています。
しかし、洗顔の場合は、少々条件があると思います。この時期は特に日焼け止めや化粧をするでしょうから、それらを、「より洗いやすいものに変更する」という必要がありますね!
さて、今回はまず、日焼け止めについて説明しましょう。

世に出ている日焼け止めクリームは、やれSPFだのPA+++◯◯だの・・とより効果のあるものを謳っておりますが、実際のところ、その効果はあなたに本当に必要でしょうか?オフィスワークだけ・・エアコンのきいた部屋で、汗もあんまりかかない・・・そういう方は、下地兼用の日焼け止めクリーム(SPF20・PA++程度)で大丈夫ですよ^^
SPFとPA+++、意味を理解しましょう!
~SPFって?~
サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。

SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。つまりSPF20の場合、20分×20=400分=6時間40分。6時間40分までは日焼けが抑制されるということです。
SPF値は、日差しの強さとは関係ありません!
SPF値は、あくまでも太陽の光を浴びる“時間”の目安です。とはいえ、海や山へ行く=長時間になるので、やはりSPF値が高い物を選んだ方がベターではありますが・・
~PA++って?~
Protection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略でUV-A防御指数とも言います。

UVA波の防止効果を表す指標です。

現在は++++(フォープラス)までの4段階で区分できるようになっています。
ただし、SPF数値、PAの+値が高いほど、肌への負担は増えます。必要のない強度のUVクリームを日常的に肌に付けるのは、肌への負担も増して、かえって老化肌に近づいてしまうかも・・・。
日常的使い(オフィスワーク)にはSPF25 PA++程度、

レジャーには状況に合わせてPA「+++」程度のものを選ぶとよいですね。
kumamizugi
「お化粧をせっけんでオフしない」私の場合、どうしているかというと、さっとお湯で洗って半身浴をして、終了です。(人によっては「洗った」とはいえないと思うかも??)

その後、ホホバかココナッツオイルを肌に塗ります。

マスカラも少しだけしていますが、お湯でオフできるフィルムタイプのものです。塗布するオイルは、入浴後と朝、水やお湯で洗った後に塗っています。

皮脂も大切な肌の保護膜なので、肌に石けんを一切使いません。

(皮脂の多い方や、ティーンエイジャーにはおすすめしません。乾燥肌の方・30代以上の方にはおすすめです!)



※次回の記事で、肌に負担の少ないUVクリームをご紹介します。
-------

ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ 

関連記事

  1. 市販のリップクリーム(ママバター)の成分検索

  2. スキンケア:乳液に入っているもの

  3. クレンジング剤が肌を薄く敏感にしてしまう!

  4. 【半身浴前のオイル】の前に

  5. 肌の力を信じよう!原料だけでスキンケア

  6. 乾燥肌がモッチリ肌に!手作りシアバタークリーム

  1. 2017.11.14

    アトピー シルクは素肌に使わないと意味がないですよ

  2. 2017.11.12

    スキンケア コスメジプシーになってしまう理由は?

  3. 2017.11.09

    アトピー 乳首から汁が出る時の対処法

  4. 2017.11.08

    アトピー シルク 寝る時は首を温めましょう

  5. 2017.11.02

    アトピー 冷え性 ウォームビズにはシルクインナー

  1. 2017.09.09

    スキンケア:乳液に入っているもの

  2. 2017.07.12

    エネルギー・バンパイアから自分を守ろう!

  3. 2017.10.15

    易学カウンセリング 「クレクレ精神」を卒業して「与える」…

  4. 2017.07.03

    エネルギーバンパイアになっていませんか?

  5. 2017.06.28

    基本気功体操 真理を学ぼう!