化粧水は「使ってません」

こんにちは。
女性のこころとからだの健康を応援したい、リフレッシュ・ジョイの五十嵐です。

肌の上に、お風呂あがりに・・朝、お化粧前に・・・
スキンケアを重ねてつけてますか?

化粧水、乳液、美容液、下地、コンシーラーにパウダー・・・
だいたいこんな順番でしょうか?

それぞれに入っている防腐剤や美容成分が肌の上で混ざり、朝から夜まで、化学物質のミックスを肌につけている。

それで美肌が作られるのでしょうか?

それぞれに、

  • 酸化防止剤、
  • 成分安定剤、
  • 増粘剤

などの化学的な成分が入っています。
もちろん、美容成分も入っているんですけどね。

化粧水にしても、乳液にしても、
何ヶ月も変質せずに使い続けられるのは何故でしょうか?

肌にはバリアゾーンがあるので、
「外から与えらた水分を、肌の内部(深部)に蓄えられる」わけではありません。

もし、化粧水に有効な役割があるとすれば、
「肌の角質層を整えるため」
・・・だと思います。

その後に塗る、乳液や美容液の浸透をよくするためというのなら、化粧水の役割は果たせているのかもしれません。

私は、「化粧水は、肌のためには必要ない」と思っています。

化粧水を使うことがあるとすれば、その理由・目的は

  • 「毛穴を引き締めるため」
  • 「汗を落ち着かせるため」
  • 「単に冷たい感覚が心地いいから」

ですかね。
でも、実質、必要ないですよ~!
マジいらんし!(使い方合ってるぅ?)

今は化粧水は使っていません。

洗顔時(ここでも洗浄剤は使わず、お水かお湯で流すだけ)、
「シュガースクラブ」というものを使います。
シットリ~♡
ま、個人的にはこれを「化粧水代わり」とでもしておこうかな、って思っています(笑)

 

これもちょっと合成香料っぽいものもありますが、ハッカかローズマリーならまだ大丈夫でした^^

そうです!化粧水の代わりに!「砂糖で保湿」イェーイ!^^

手作りをする方法^^

【用意するもの】

  • 精製ホホバオイル
  • はちみつ

【作り方と使い方】

  1.  ホホバオイルとはちみつを大さじ1ずつ、小皿に入れて混ぜ合わせる
  2. 顔をお水かお湯で洗い、濡れたお肌にホホバとはちみつを顔全体にやさしく広げる
  3. 少し時間を置いたらお水かお湯で流す(すぐでもOK)

リフレッシュ・ジョイのメニュー:リンク先をご紹介!

各メニューはコチラへ^^⇒メニューと料金

お問い合わせはコチラ⇒問い合わせ・相談する

日時を見て予約する方は⇒メニューを見る・ご予約【ispot】

LINE、はじめました。予約もLINEでOK!

登録いただいた方だけの特典があります。

今後もLINEだけの特典・配信も配信をしていきます^^
ぜひご登録くださいませ。

友だち追加
または、@rf-joy.comで検索


関連記事

  1. 朝晩とも「お湯だけ洗顔」するためのコスメ

  2. 化粧道具、清潔ですか?

  3. 【半身浴前のオイル】の前に

  4. 日焼け止めクリームのSPFやPA++の意味は?

  5. ビニール肌に、なっていませんか?

  6. 自然治癒力を信じ、合成界面活性剤を手放そう

  1. 2021.04.01

    2021年4月のスケジュール

  2. 2021.03.10

    2021年3月のスケジュール

  3. 2021.02.04

    【終了しました】無料オンラインカウンセリングの追加募集を…

  4. 2021.01.17

    市販のリップクリーム(ママバター)の成分検索

  5. 2021.01.03

    2021年あけましておめでとうございます^^

  1. 2018.03.14

    アロマテラピー 精油で抗ウイルス用ミストを作成

  2. 2018.03.05

    インフルエンザの感染に配慮します

  3. 2017.08.06

    易学カウンセリング 自分さえ幸せであればいい?

  4. 2018.02.08

    メルマガ始めました「コスメジプシー卒業しませんか?」

  5. 2019.03.14

    遠隔ヒーリング 目の前に体がなくてもヒーリングできちゃう…

  1. 2017.09.17

    スキンケア 湯シャン ハーブシャンプーもありますよ~

  2. 2018.04.16

    アトピー 危険!「あかちゃんのおしりふき」

  3. 2019.10.24

    カウンセリング 思いを「ことば」にしてみよう!

  4. 2017.11.14

    アトピー シルクは素肌に使わないと意味がないですよ

  5. 2019.09.20

    「怒り」が出やすい人の対処法