【経皮毒】安全なマウスウォッシュを使いましょう

こんにちは。
女性のこころとからだの健康を応援したい、リフレッシュ・ジョイの五十嵐です。

さて、前回は、「歯磨き粉」についての記事を書きました。オーラルケア関連で、今回は【マウスウォッシュ】について書きます。

どうして「経皮毒」という表現をして、皮膚からの吸収をとても怖いもののように表現するのでしょうか?

それは、皮膚から吸収すると、飲食したものとは違って、肝臓を通らず血中に入り全身を巡るからです。やっぱりこわいですよ~、意識しましょうよ!って思います。 体の中でも吸収しやすい場所は、

粘膜
毛のはえている部分

です。

口の中は、まさに全面が粘膜で、とても吸収がいい場所です。それだけ大切な場所なので、キズが出来ても治りが早い場所ですよね。機能的にとても大事なので、体も早く治癒させようとがんばるのです。

経皮毒は「吸収したくないもの」が入ってくるよ~!という場合に使うべき表現ですが、経皮吸収がとても役に立つ場合もあります。

・狭心症の方が発作のときに使う「ニトログリセリン」
・喘息発作が出た時にシュッと吸い込む「吸入薬」

喘息の吸入薬は、息を吸いながら、喉に向かって吹きかけますよね。
これは経皮吸収を意図的に利用した例です。

これらのお薬は、即効性がとても大事です。すばやく吸収して効果を発揮しないと、命にかかわります。
だから経皮吸収はとても大事で、必要です。

私の祖母はニトログリセリンを常にカバンに入れていました。私が小さいころ、祖母に反抗して怒らせて、狭心症の発作を出してしまい、「ニトロ!ニトロ!」と叫んでいたのを覚えています・・ (ニトロの記憶・・あせる

さて、お口に使う可能性のある界面活性剤といえば、薬と歯磨き粉以外では「マウスウォッシュ」
マウスウォッシュは確かに抗菌・除菌作用がありますが、合成界面活性剤の入った通常のマウスウォッシュは、口の中に本来住み着いている口腔常在菌まで殺してしまいます。口腔常在菌は唾液1ミリリットル中に約1億匹も生きているといわれ、口の中の環境を整えている大事な菌です。

マウスウォッシュ

マウスウォッシュに含まれる化学物質は、

・ポリエチレングリコール(PEG)

潤滑剤、保湿剤、界面活性剤として用いられ、アレルギー性皮膚炎、肝・腎機能障害、過敏症の原因と言われ、発がん性も疑われている。

そして、

・プロピレングリコール(PG)

潤滑剤、保湿剤、乳化剤として用いられます。 アレルギー性皮膚炎、過敏症、染色体異常の原因になると疑われており、溶血性、経皮毒性があると言われています。

その他、
「ソルビン酸」「タール色素」が入っている場合が多いですが、これらはアレルギー性皮膚炎、過敏症、黒皮症の原因になると言われ、発がん性も疑われている物質です。
うがいをして、お口の中がスッキリするのは、マウスウォッシュの一部が口に残っている証拠ですよね・・

nekoneko



お口の中は、なぜ不快なのでしょう?


まずは歯槽膿漏や歯周病・虫歯のチェックはしていますか?
必要があれば治療をするのがいいのではないでしょうか。

本来の自浄作用で口臭はクリアしたいところ。。


口の中って、ある程度、自浄作用があるように思います。
唾液にそういう酵素が入っていますよね。
歯磨きも夜に一度洗うだけでも口内環境はキープできますよ^^
口の中を健康に保つことで予防できる病気も多いです。
気になる方は、口内環境を一度見なおしてみるのもいいかもしれません^^

*****


あなたの潜在意識の“夢のかけら”を整理する
ーメルマガ、始めました!(画像クリック)ー


月4回の整体コース



-----
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ 

関連記事

  1. かけることばはないけれど

  2. アトピー:美肌のために冷え性を改善しましょう!

  3. 朝シャンが体によくない理由

  4. ショック!な「メイク落とし画像」

  5. アトピーや乾燥肌は「洗わない」お手入れが大切!【後編】

  6. アトピー 肌に湿疹が出ている時はすっぴん?

  1. 2019.07.16

    潜在意識、間違って使っちゃったァァァーの例

  2. 2019.07.14

    「幸福」を習慣にする具体的な方法

  3. 2019.07.13

    習慣化しちゃうといいですよ!

  4. 2019.07.12

    化粧水は「使ってません」

  5. 2019.07.11

    誰といなくても「私は私が好きです」その3

  1. 2017.07.03

    エネルギーバンパイアになっていませんか?

  2. 2017.11.01

    気功 他人の邪気を受けないようにするコツ

  3. 2018.02.27

    気功 整体 自己嫌悪から体調不良に?

  4. 2018.03.15

    トイレの蓋は閉めてから流しましょう

  5. 2018.03.05

    インフルエンザの感染に配慮します

  1. 2017.11.14

    アトピー シルクは素肌に使わないと意味がないですよ

  2. 2019.02.05

    カウンセリング あなたには価値がある

  3. 2018.02.15

    「ハンドクリーム依存」になっていませんか?

  4. 2018.05.03

    気功法 地球のエネルギーを体に取り入れよう

  5. 2017.12.25

    易学 ハートチャクラ 自分を後回しにしていませんか?