胃の不調からくる腰痛に整体

あけましておめでとうございます。リフレッシュ・ジョイの五十嵐です。
前回の年末最後の書き込みから、そろそろ1週間です。当店は昨日から営業をスタートしております。遠くへは行きませんでしたが、急遽友人にも会えましたし、いい休暇でした。
今回は、年始早々お越しくださったお客様との会話をピックアップします。
お客様の主訴は、腰痛です。20160104_腰痛

腰痛の原因が腰だとは限らない

定期的に整体を受けてくださっている方で、いつもは肩・首・頭痛が主訴ですが、今回は「腰が重くてだるい感じ」とのことでした。
お正月休みは短かったけど、実家でゆっくり過ごしたそうです。
実家では、けっこうたくさん食べてしまいますよね(笑)親もけっこう「食べなさい」って言ってくれるし(笑)そんな感じで、食べて、動かずまったりと過ごしたようです。
施術は、まずはうつぶせで骨盤と背骨全体の骨格をカウンターストレインで調節し、経絡をつかって、体の滞りを気を流して整えていきました。
日頃とはなんとなく体の疲れ方が違う感じです。休みの期間なので、体もリラックスして、疲れを出しているのでしょう。
しろねこ
その後、仰向けになって頂いて骨盤、両足の骨格調整後、全身の気の流れを整えると、今度は頭にコリが出てきました。最後に座ったり立ったりしてもらって腰痛のチェックをしてもらいましたが、改善していました。
全体的な所見としては、腰痛は内臓(胃を中心とする)の働き過ぎからきたのかな?という印象でした。

〝内臓さんたち〟は皆様の体が生涯の職場

私達人間は、生まれてすぐに、親から食事を与えられ世話をしてもらって育ちます。そして長い学生生活を終え、やっと仕事につくわけですが、私達の内臓はというと、この世に私達が生まれた瞬間から、ずっと「割り当てられた仕事をやり続け」ます。

ここでちょっと、「心臓」について考えてみましょう。心臓は、私達が生まれて、死ぬ瞬間まで働き続ける臓器です。
心臓が、
「あー。きっついわー。この仕事、めっちゃきっついわー。誰か私と代わってくれへん?っていうか、もう無理。休みたい。
この宿主、年とってきて体もデカくなってきたから、血液押し出すの大変やねんわ!
こいつ(雇用主=人間)ブラック企業とちゃうの!こんな職場、やめるで!やめたるで!」
とブチギレたとしましょう。
〝心臓さん〟がもし、本当にそうしたら、その人(心臓のもちぬし)はどうなるでしょう。
・・・「死」です。

さて、心臓のたとえが分かりやすかったので書きましたが、今回は、「胃」のことが本題です。
「胃」は心臓ほど仕事はきつくありません。食事が入ってさえこなければ、休めますからね。
「胃」のことを意識して食事をしたことはありますか?「胃」という職場があると考えてみましょう。私達が「何か食べる」と、お仕事が発生します。お仕事内容は、こんな感じ・・・

  • 食べた物を消化しやすいように粥状にする
  • 食べ物に含まれる細菌を殺菌する
  • 食べた物を貯めておく(十二指腸に準備ができたら、タイミングを見計らって届ける)
  • タンパク質を消化する
  • アルコールを吸収する
  • 「これはあかん!消化でけへん!(もしくは危険な食べ物)」と言う時には嘔吐反射と連携して嘔吐させる。
  • 空気が溜まったら出す(ゲップ)

けっこう、多いです。他臓器との連携も大事ですね。
食べる量が多すぎる人、少ない人、食事回数が多い人、少ない人・・・「胃」にとって一番いい雇用主(人間)とは、どんな食習慣の人でしょう?
もちろん、人それぞれ、個人差はありますし、年齢によっても違います。育ち盛りのお子様と、まだまだ元気な20代、そろそろ成長は終わったよね~の30代、40代、、世代によって胃の働きぶりも違ってくると思います。
大人になったら、「何を、どれだけ食べるか」よりも「どれくらい〝胃袋さん〟に休んでいただくか」と考えるのがいいんじゃないでしょうか?
この考え方は「ファスティング」の本から学んだのですが、著者は、「一日一食」とのことでした。私はそれはムリなので、朝食をやめました。前の晩の夕食から(仕事の後で食べますので、遅いんです)翌日の昼食まで12時間以上は空けるようにしています。
慣れたら空腹感も、「ああ、お腹すいたなぁ!」という波が過ぎたら、頭が冴えてきていい感じになります。
食事、間食も、あんまりダラダラしないように、〝胃袋さん〟の直前のお仕事はいつだったっけ、、、と考えます。
この発想になってから、ある年齢から体重が増えるともどりくくなっていたのが、体重のコントロールができるようになりました。「グルテンフリーダイエット」もゆる~くですがやっているので、体重は減りやすくなりました。
私の年(アラフィフです)でまとまって体重を落とすと、貧相な体型になりそう(笑)なので、気をつけているほどです。

皆様の〝内臓さん〟は、いかがですか?
自分の顔も体も、体の中の臓器も、生まれてから死ぬまでずーっと、取り替えることはできません。

死ぬまで一緒に過ごす細胞の集まりです。
私たちは、存在するだけでも十分「オンリーワン」、唯一無二の存在なのです。
大切にして、いたわったりしながら
(たまに話しかけたり感謝したり、ほめたり!)

健康で楽しく過ごしたいですね。

 
monkey_colorful

ー本年もよろしくお願いしますー

整体コース

[HP関連記事]
反り腰の整体 改善例
本当によくなりたいと思っている方へ

-----
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

関連記事

  1. 気功整体 腰痛 足のしびれ チャクラで改善

  2. 反り腰の整体 改善例

  3. 腰のだるさ 足のむくみ 冷え性に整体

  4. 反り腰による腰痛に整体

  5. 股関節の違和感に整体

  6. 整体 台風一過 帰宅困難の疲労をヒーリング

  1. 2020.06.08

    6月のスケジュール&電話カウンセリングメニュー

  2. 2020.05.08

    【5月末まで】喫煙について思いを深めた例【無料電話カウン…

  3. 2020.05.06

    無料電話カウンセリング、今月末まで!急いで~!

  4. 2020.04.30

    2020年5月のスケジュール

  5. 2020.04.04

    2020年4月のスケジュール

  1. 2017.06.28

    基本気功体操 真理を学ぼう!

  2. 2018.03.05

    インフルエンザの感染に配慮します

  3. 2018.02.08

    メルマガ始めました「コスメジプシー卒業しませんか?」

  4. 2017.08.09

    易学カウンセリング 被害者意識をひきずらないで

  5. 2018.03.15

    トイレのウイルス感染防止:徹底しましょう!

  1. 2019.02.07

    整体 つらい記憶・ストレスを浄化

  2. 2018.05.03

    気功法 地球のエネルギーを体に取り入れよう

  3. 2018.03.20

    冷え取り 眠る時にも手首ウォーマーを

  4. 2017.11.09

    アトピー 乳首から汁が出る時の対処法

  5. 2018.03.25

    整体 冷え性 便秘 肩こりに影響します