アトピー アレルギー 冷え性に半身浴

前回の記事では、「アレルギと向き合うためにはまずは引き金となっているものは何か?あらゆる可能性を検討し、まずは知ることが大事」という内容を書きました。

たくさん列挙しましたが、その中には

  • 初期投資がかかるもの(衣類など)
  • 今買っているものよりもお金がかかりそうなもの(食品類)
  • 今愛用しているものから変更した方がいいのかな?(コスメ・洗剤など)
  • ・・・なかなか決心のつかないものもあるかもしれません。

焦らずいきましょう!

まずは何から取り掛かるのが手っ取り早いのか?・・を考えてみました。

半身浴:入浴方法は?何を用意するの?

今は冬ですので、半身浴でポカポカと温まった状態で眠りにつくと、寝付くときに心地いいし、おすすめですよ。

肌を守ることと、体が心からあたたまるように方法を考えてみました。

    【入浴の前に&風呂場に持って入るもの】
  1. 新陳代謝を促進させるために、入浴前にお水(常温・お白湯)をコップ1杯飲む。
  2. 入浴中にも水分は摂るのでペットボトルの水を用意しましょう。20170216_bathing
半身浴:では、お風呂へGO!(脱衣)
  • 肌が乾燥する人は、全身にサーッとホホバオイルなどを少しなじませておくといいです(長く浸かることで肌の油分がお湯に奪われるため)
  • お風呂のお湯を柔らかくするために、浴槽にホホバオイルや精油を入れましょう
  • お湯の温度は40度前後(15分程度、みぞおちまで浸かってじわっと汗が出る程度が理想。寒い時期や冷え性の人は温度を調節しましょう)
  • かけ湯してから入りますが、上半身は濡らさないように。or 濡れたら拭き取って、半身浴中は乾いたタオルを肩に掛けておきましょう。
  • 先に洗髪した方はタオルでしっかりくるみ、肩が濡れないようにタオルをかけましょう。
  • お湯が冷めてきたら追い焚きなどで調節を。
  • 【冷え性さん、お試しください!】体が温まりにくい人は、お水を口に含んだまま浸かってみてください(温まりやすくなりますよ!)
半身浴:入浴後の肌ケア & 「洗浄剤をやめる」という選択肢

敏感肌・アトピーの方は、入浴中・入浴後の肌ケアも大切です。

  • 「入浴したら、洗浄剤でゴシゴシ体を洗うもの」と決めつけていませんか?半身浴で肌の汚れは自然と代謝できるようになります。洗いすぎになるので、洗浄剤で洗う必要があるのか?その頻度など、調節しましょう。
  • お風呂から出たら、からだを拭く前でも後でも、全身にサーッとホホバオイルを塗りましょう!(からだを拭く前ならサッパリ・拭いた後ならシットリします)
  • 入浴後は、体を冷やさないように、髪は早めにドライヤーで地肌を中心に乾かしておきましょう。(濡れていると冷えます&そのまま寝ると枕が菌の温床に!)
こんなとき、半身浴は控えましょう
  • 飲酒後の入浴
  • 薬の服用後
  • 発熱している時、体調不良の時


いかがでしたか?箇条書きにしたので項目が多いと感じるかもしれませんが、慣れたら大したことはありません。冬の半身浴は、温度にこだわらず、体質や体調に合わせて「入浴後、しばらく心地よくポカポカとするか」「汗をかきすぎていないか」を目安として調節してみてくださいね。

20170216_半身浴

私は入浴中も読書しますが、入浴後はできるだけ電子機器は触らないようにしています。(脳が活性化して不眠の原因に)

運動をするならストレッチ程度に(激しい運動は朝にまわしましょう)

【体質改善!パッケージコース】

[HP関連記事]

アトピー アレルギー どうやって乗り切ろう?

アトピー 体質改善 何をすればいい?

-----

ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ