アトピー アレルギー 入浴は夜がオススメ

前回は、「半身浴の入り方」を説明しました。

ところで、お風呂やシャワーって、一日のうちの、「いつ」入りますか?

朝出かけて夕方か夜に帰宅する人ならば、「朝」か「夜」のどちらかですよね。

いつがいいのでしょう?

「朝、起きてからシャワーやお風呂に入るのが習慣」という方も多いようですね。

私は特に問題があるとは思っていなかったのですが、「半身浴」や「湯シャン」などのブログ記事を書き始めてから知りました。

朝の入浴・シャワーやシャンプー:肌によくない?

体の汚れを取り去るためにお風呂やシャワーに入りますよね。

「汚れ」とは、外でつけてきた排気ガスやホコリはもちろんですが、自分が出した皮脂や汗なども「汚れ」です。

しかし、皮脂や汗は、私達の肌を守ってくれるバリアでもあります。

朝の入浴やシャワーをする人は、せっかく夜、寝ているうちに作られた肌のバリアを流してしまっているんです。

  • 寝ている時には毛穴が開いています。寝起きはまだ毛穴が開いているので、朝のシャワーに肌がびっくりしているかも?
  • 朝は忙しいので、つい雑に洗っていませんか?強くこすったり、すすぎ残りがあったり・・
  • その後、外出すると、肌を守る皮脂も流れてしまった上に、日差し(紫外線)に照らされ、肌のダメージに・・
  • 朝に入浴する人は、夜は入浴しませんよね。寝ている間は毛穴が開くので、皮膚表面の汚れを吸収してしまう
夜の入浴のメリット

夜、ゆっくりと半身浴をして眠りにつく人は、体の芯から温まり、ポカポカとした状態で眠りにつくことで、寝付きやすいという大きなメリットを実感できると思います。

  • 一日の汚れをきれいに落とし
  • 肌に吸収させたい美容成分は、入浴後の清潔で柔らかな肌が吸収しやすい
  • 睡眠中に天然の肌の保護剤(皮脂)を分泌する
  • 清潔で負担のない状態なので体・肌・頭皮がリラックスした状態で眠りにつける
  • ・・・眠りの質も深く快適なものになることでしょう。

寝る前に汚れを落とさずに入眠すると、

  • 体や頭皮に残った汚れは、寝ている間に毛穴が開き、汚れを吸収してしまう(肌のクスミ・吹き出物につながる)
  • 汚れが残った状態では毛穴が開きにくいため、リラックスしにくい(寝付きにくい・眠りが浅い)
肌の不調・花粉症の時期は臨機応変に

今の時期は、アレルギーの症状が出やすい時期です。

肌が不調になってきている人は、この限りではありません。たとえば、どんどん肌から粉が出てきて、昼間でもシャワーや入浴でかさぶたや粉を取りたい!というくらいに出て来る方もいるかもしれません。そういう時は、肌が代謝を高めてどんどん出そうとしている時ですから、この限りではありません。

私が以前、顔の湿疹がすごかった時は、朝、早めに起きて、湯船に膝下まで入って(立った状態)で、スワイショウ(気功体操)しながら瞑想してました・・。

気合を入れないと外出できなかったんですよ~(湿疹、すごかったです!朝風呂って気力が出ますよね!^^)

細胞が生まれ変わり終わるまでの長い道のりを、共に向き合い、学びを深めながら、体はもちろん、心も運気も変えていきながら、共に歩みましょう!

【体質改善!パッケージコース】

[HP関連記事]

アトピー性皮膚炎 「湯シャン」洗浄したい時は

アトピー 乾燥対策に本気出しましょう!【オイル編】

-----

ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ