アトピー アレルギー そのオイルクレンジングは安心?

こんにちは。大阪・十三 リフレッシュ・ジョイの五十嵐です。

3月も半分が過ぎ、外の空気も春っぽくなりましたね。もうすぐ関西も桜のシーズンでしょうか?

皆様が、桜の季節を楽しめることをお祈り申し上げます。天はいつもそこにあります。空を見てくださいね^^

さて、アトピー肌のケアについて書いていましたが、クレンジングもとても大事です。肌に汚れが残っているのもよくない。かといって、強いクレンジングで、肌自体を毎回傷めているかもしれない。(化粧品と一緒に肌も溶かすほどの強い成分もあるようです)

都会での日常生活で、「落ちにくいメイク」は必要でしょうか?そこから見直すことが大事だと思います。

界面活性剤を使っていないオイルでクレンジングする方法
  1. 肌は濡れていない状態で
  2. 濡れていない指や手でオイルをやさしく全体に伸ばしてなじませる 
  3. 肌に浮き出したオイル分を、ティッシュでこすらないようにやさしくオフする。
  4. 石鹸の泡で洗顔

肌が濡れていると、オイルが肌に馴染みません。また、オイルですので水分で洗い流せません!

人気コスメランキングでトップテンのクレンジングのサイトで、そのメーカーの「オイルクレンジングの使い方」を参照してみました。

    【オイルクレンジングの方法】
  1. 濡れている場合は軽く水分を拭き取ってから(でも、お風呂場でも使えると書いてあります)
  2. ポイントメークに対しては、よくなじませる
  3. 水またはお湯でしっかりすすぐ

とあります。「水またはお湯でしっかりすすぐ」とあるので、界面活性剤が入っていると判断できます。

成分を調べなくてもそれは簡単にわかることです。毎日使うものだから、強い成分は避けたいですね。特に目元のような皮膚の薄い部分に使うなども、コワイです・・。長期間にわたって使うことで色素沈着や、シミができるなども考えられます。

人気コスメ(クレンジング)で調べてみました。

添付画像は小さいですが、文字まで見えなくてもいいです。文字の背景についている色の濃い部分が、毒性の強い合成界面活性剤です。

背景が白なのは毒性のない成分です。

背景の赤いラインは■■(強い毒性)、オレンジ・黄色は■(毒性あり)、クレンジングの場合は■が合計4個あるものは使用不可という目安です。

「@コスメ(アットコスメ)」で人気ナンバーワンのクレンジングの全成分

赤ラインが4種類、オレンジと黄色は合計3種類

(■■×4=8、■×3=3で、合計12個の■

同じく人気ナンバー2のクレンジングの全成分 赤ラインが4種類、オレンジと黄色は合計6種類

(■■×4=8、■×6=6で、合計14個の■

クレンジングでの使用限度は■が4個までなので、3倍以上の毒性のある界面活性剤が入っているわけです!ギャー!

こういった商品をお使いの方が世間的には大半なわけです。(是非、調べてみて下さい。美肌マニアで全成分をコピーペーストするだけでわかります)

化粧品成分を調べるサイトは「美肌マニア」がメジャーでしたが、「日本オーガニックコスメ協会」のサイトもできましたね。

こちらでは、無添加のコスメも調べることができるようになっていますので、参考にするといいと思います^^

特に、肌が敏感な方はご注意下さい!

その時は大丈夫でも、長期使用により肌トラブルが起こる場合もあります。

コンプレックスを隠したり、より可愛く見せたいなどの思いを満たすために、お化粧って大事ですよね^^

だからこそ、長く、トラブルの起きないコスメとの付き合い方を考えていきましょう!

【体質改善!パッケージコース】

[HP関連記事]

アトピー アレルギー 入浴は夜がオススメ

アトピー アレルギー 冷え性に半身浴

[化粧品成分を調べるサイト]

美肌マニア・まとめて検索できるページ

日本オーガニックコスメ協会・安全なコスメを参考に

-----

ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ