腫瘍がみつかった。あなたならどうする?

こんにちは!大阪・十三、整体サロンのリフレッシュ・ジョイ 五十嵐です。
涼しくはなってきましたが、私としてはまだ暑い・・暑い暑い。

人間ドックで、胃の粘膜に腫瘍が見つかって、定期的に検査を受けていたAさん。
10年近くかけて1センチ大きくなったので、「そろそろ精密検査を受けてはどうでしょう」との進言があり、病院に行くことにしました。
内視鏡でのエコー検査、CTスキャン検査はすんなりと終わりました。
でも、はっきりしないとのことでした。

医師から「細胞検査のために腫瘍の中の細胞を取り出して(針で刺して取る。二泊三日の入院が必要)精密検査をしましょう」と言われ・・。
そこで初めて、Aさんは考えたんです。

「検査の結果、悪性腫瘍だったら?手術で切除するべきなのかな?」

今まで健康に暮らしてきたAさんですから(腫瘍が見つかったとはいえ今も症状はない)、深く考える機会もなかったことです。

「ガンなら〝叩く〟べき」?

さあ、ここであなたも考えてみてください。
健康で、何の不安もなかった。
ずっと健康診断は行っていて、「胃に腫瘍があること」は知っていた。

長い間観察をしてもらっていて、胃の粘膜側にポコッと出っ張ったものがある状態ではあるようだけれど、吐き気・食欲減退・便秘や下痢など、自覚症状はまったくなし!
「たまたま検査で見つかっただけ」の腫瘍・・・。

最初に消化器内科に紹介されて診察を受けた時、Aさんの親族(お医者様)が、心配してついてきてくれました。
主治医とAさんの親族は西洋医学バリバリの現役です。
当然、「(良性腫瘍でも悪性腫瘍でも)取ってしまえばいい」という意見です。

どうでしょう?
あなたなら、どうしますか?
お医者様の指導通り、入院して切除しますか?

その【でっぱり(腫瘍)】自体を取ってしまえば、
問題の根源自体がきれいサッパリなくなるのか?

それが気になりますよね。
変な細胞が出来たなら、そこを開いて、取ればいい。

そして、今の西洋医学では、その細胞のあった場所よりも深めにそぎ取ろうとする傾向があるようです。
多めに取る・・・健康な皮膚や細胞にも傷をつけてでも、多めに取るのです・・・。
内視鏡で手術ができるとはいえ、「本当に必要かどうかもわからない手術」のためにからだにメスを入れることになります。
(傷の大小の問題は別として)

すでに転移していれば、切除する意味がないのでは?

Aさんは考えました。
発見した時点ですでに1.5センチあって、10年近く経過して2.5センチに育った。
1.5センチの大きさになるまでには、それまでに10年ほどかかっていたかもしれない。
かれこれ今から20年ほど前からあったのかもしれないよ?

私の一生が、、あと30年だとしたら、、、順調に大きくなったとして、どれくらい大きくなるんだろう?
いつかバクハツすっていうの??

ガンだとして、転移するなら、もうしていてもいい頃かも?
今の腫瘍は、これからまた、何十年もかけてゆっくり育つかもしれない。
でも、悪性化もしないかもしれない。
そんなの、、、誰にもわからない!

人生に「もしも」はありません。
主治医は「あの時、切除しておけば・・」と後悔しても遅いから、、といいした。
でも、「あの時、切除せず置いておけば・・」という後悔をする可能性もあるんじゃないの?
Aさんはそちらも気になったのです。

主治医と会った親族が医師であったため、
主治医と二人で「切除してしまえばいいのに」と説得された。

主治医「せっかく親族の方が心配しておられるのに」
Aさん(心の声)
「だから何なの?私の体のことを私自身が決めてはいけないの?心配してくれる親族のために、自分の意志に反した治療を受けないといけないの?私が医者じゃなくて無知で手術を嫌がっているって決めつけられている気分・・」
もっといろんな方面からの意見を聞いた上で、決めさせて欲しい。
このまま、「とりあえず」「まだ腫瘍は取れるサイズだし、どっちにしても大した手術にはならないから、取ってしまえばいい」
本当にそれでいいのでしょうか。

「切除しない」という選択は、自分の体に対して
前向きに取り組んでいないということになるのでしょうか?

Aさんは、前向きな気持ちで「切除しない」方法を選んだつもりです。
がん治療を選んでいる人は病院で医療を受けます。
少なくとも入院中は、自分の日常生活はできません。

Aさんは友人に「腫瘍が良性でも悪性でも、切除するつもりはないから、細胞診のための入院も無駄。だから受けない。」とSNSで発言したところ、このようなコメントが入りました。

  • 「あなたには元気でいて欲しい」
  • 「細胞診くらいはしておけばいいじゃないか」
  • 「あなたにもっと頻繁にあっておくべきだった」

Aさん「はぁ?私、弱っていく前提でコメントしてないか?余命が短いってどこに書いてあるのよ!」

医師の考え方・立場を知ろう

整体師が、体がつらそうな人をみて、整体の施術を試みたいと思うのと同様に、医師も「ぜひガンを切除し、健康になってほしい」と思うのは、善意です。

医療にかかり、切除して、、もし転移をしたら、また切除して、、放射線で腫瘍を小さくして、、、抗がん剤で叩く・・・
医師は「ガンを小さくする」ことを主眼としています。
患者さんが、日常生活を楽しむことは、主眼としていません。

Aさんは、自分の「生活の質」を優先したいと考えています。
死ぬまで「自分の人生を生きていたい」のです。
生きている人全員、「今から死ぬまでの時間」のことを「余命」といいます。

自分の「余命」ばかりを意識して病院のお世話になりたくない。
自分の生きる目的のために、毎日を生き生きと過ごしたい。
それがAさんの思いです。

「ガンとは闘わない」の意味

「ガンと闘う」ということは、

  • 手術を受け、
  • ガンを切除し、
  • 抗がん剤でガンを小さくして、
  • 病院で見守り続けてもらうことでしょうか?

その異物(腫瘍)を体に温存したまますごす。
医療にかからず、今と同じ毎日を過ごし、もしガンが大きくなって痛みが出たら「痛みを和らげる医療」を受けて、体が老化や他の病気が原因で終わる。
腫瘍が体を蝕み寿命が尽きるのかを運命に委ねる、というのも「生きようとしている」のではないでしょうか。

皮膚表面のしこりではないので、見た目にも影響がありません。

ところで、「がん」って敵なの?

「ガンと闘う」という表現自体がおかしいと考えます。
ガンって、自分の細胞の一つではないでしょうか・・。

敵をやっつける、という感覚よりも、「異物」という「自分の一部」でもあります。
ガンが増殖したら体はエネルギーを吸い取られるかもしれない。
でも、増殖しない確率もあるんですよね?
「ただそこにある」だけ、というタイプのものもあります。

ガンや腫瘍は取っちゃえばいい!
単純で、安心かもしれないけれど、カラダを切られた後の回復期間・抗がん剤から日常生活への復帰のつらさ・・・
ガンを叩く、ガンと闘う、ガンをやっつける、・・
そうではなく、ガンとともに生きる・・
そういう選択肢もあるんじゃないかな、と思いました。
(切除する、という選択肢もアリですよ!選択肢について考えたいだけですので)

大切なことは、不安や恐怖から、がん細胞を大きくしてしまわないこと。
いろんな細胞も、あなたの一部。
心はニュートラルでいられたらいいですね。

ーーーーー
お試しカウンセリングは無料⇒オンラインカウンセリングコース

【10日間のメール講座あります↓画像クリックしてくださいね^^】

 

友だち追加 アカウント検索は@rf-joy.com

各メニューはコチラへ^^⇒メニューと料金

お問い合わせはコチラ⇒問い合わせ・相談する

日時を見て予約する方は⇒メニューを見る・ご予約【ispot】



関連記事

  1. 整体と遠隔ヒーリングの違いは?

  2. 技術は、誰のためなのか?

  3. 整体で〇〇〇も癒される?

  4. 体を整えていくと心の傷が浮き彫りに?

  5. 下腹部の滞った感じを整体で改善

  6. 本当によくなりたいと思っている方へ

  1. 2020.09.17

    あなたはすでに「勝っています」!?

  2. 2020.09.16

    余命を意識して生きよう

  3. 2020.09.15

    潜在意識 幸福を邪魔する、間違った「●●」とは?

  4. 2020.09.14

    誰といなくても「私は私が好きです」その2

  5. 2020.09.10

    誰といなくても「私は私が好きです」(その1)

  1. 2018.02.01

    ことば:いつまでも自分を甘やかしたい心

  2. 2019.04.09

    アトピーの方に整体 チャクラの霊障を取った例

  3. 2018.12.29

    整体で〇〇〇も癒される?

  4. 2019.01.14

    継続の整体 潜在意識のトラウマをヒーリング

  5. 2019.10.25

    エネルギーバンパイアになっていませんか?

  1. 2018.05.03

    気功法 地球のエネルギーを体に取り入れよう

  2. 2018.03.21

    易学考察 努力がなかなか報われないという相談

  3. 2019.10.24

    カウンセリング 思いを「ことば」にしてみよう!

  4. 2019.02.02

    【感想】遠隔整体 潰瘍性大腸炎の方

  5. 2018.04.01

    食の安全 安い醤油には理由がある[その1]