月4回の整体 心の壁を取り除く アナハタヒーリング

月4回の整体は、一ヶ月という期間内に何度でも整体を受けることができる!というコースです。
アトピーをはじめとする自己免疫疾患、うつなどのメンタル系でお悩みの方にお喜びいただいています。

継続的に整体観察することで

毎回、施術の順番などは違います。
気功で調べてそのときに(体が)必要としている順番でバランスを整えていきます。
17年間、気功を勉強し続けていますので、訓練と経験により確実に施術をしていきます。
体って、理論ではないですので、整体の施術はインスピレーションです。

自然治癒力でバランスが整っていく

気功整体の施術の後は、体は自力でバランスを整えていきます。
それが自然治癒力です。

定期的に整体を続けることで、だんだんとみえてくる・・

続けているうちに、、体や心のバリアが自然と剥がれていき、ある時ふと・・
胸のチャクラ(アナハタチャクラ)の状態を理解できました。
施術者(私)が無になった瞬間に唐突に理解する、という感じでしょうか・・

ヒーリングがすすみます

そのままヒーリングして本人に伝えず終わる場合もあります(気功で問い合わせています)
本人と対話して理解を深めた方がいい場合は、ヒーリング後に問いかけます。

例:「心に壁を作っていませんか?」

本人に伝えて理解を深める場合は、ヒーリング中に読み取れた内容をこちらからお話してみます。
すると、たいていは(合っていた場合・・)「思い当たります」となり、
その後、少しカウンセリングをします。
何らかの「きっかけ」(家庭環境など)がありますね。

できる解決策から提案していきます

「いきなり解消する(心の壁が消滅する)」ということは、残念ながらないのです。
自分で、気づかぬうちに、
「傷つきやすい自分の心を守るため」
壁を作ってきたのですから。

※少しずつ、潜在意識にはたらきかけていく方法などをアドバイスしていきます。

通っていただいているあいだに習慣づけていただきます

たとえば、「姿勢を改善したい」「貧乏ゆすりを直したい」場合は、
身近な存在に「姿勢が悪くなっているときは教えて」「貧乏ゆすりしてたら注意して!」
と頼んだりしませんか?

心と体は過去の習慣からつくられています

改善するためには、「癖」を改善していく必要があります。
いつでも、「またやってるなぁ」→「いかん!やめなきゃ」
と、気づいては改める・・の繰り返しです。

気づく→改める・・忘れずに続けましょう!

忘れずに続けることで、今までの心の癖も改善できます!
ぜひ、実践してくださいね^^

あなたの心の癖に気づき、改善のお付き合いをさせてください

月4回の整体コース

メールマガジン「コスメジプシー、卒業しませんか?」登録お願いします

メールマガジン紹介ページへ

-----
ブログランキングに参加しています。 クリックしていただけると嬉しいです!
にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ 


関連記事

  1. アトピー アレルギー そのオイルクレンジングは安心?

  2. 冷え性対策、万全ですか?

  3. 「せっけんかす」が出ないせっけん

  4. スキンケア 湯シャン ハーブシャンプーもありますよ~

  5. ショック!な「メイク落とし画像」

  6. アトピー 継続整体 整体師への不信感

  1. 2020.07.27

    2020年8月のスケジュール&無料カウンセリングのお知ら…

  2. 2020.07.14

    周囲の人は、みんな「仲間」デース!「トモダチ瞑想」♪

  3. 2020.07.01

    2020年7月のスケジュール

  4. 2020.06.08

    6月のスケジュール&電話カウンセリングメニュー

  5. 2020.05.08

    【5月末まで】喫煙について思いを深めた例【無料電話カウン…

  1. 2018.02.27

    気功 整体 自己嫌悪から体調不良に?

  2. 2018.03.18

    白砂糖はなぜ「控えたい」のか?

  3. 2018.12.29

    整体で〇〇〇も癒される?

  4. 2017.07.12

    エネルギー・バンパイアから自分を守ろう!

  5. 2017.10.24

    スキンケア 肌を老化させないクリームの塗り方

  1. 2019.09.20

    「怒り」が出やすい人の対処法

  2. 2018.03.19

    天占易学 「思考」と「姿勢」の関係

  3. 2018.04.16

    アトピー 危険!「あかちゃんのおしりふき」

  4. 2018.05.03

    気功法 地球のエネルギーを体に取り入れよう

  5. 2018.04.01

    食の安全 安い醤油には理由がある[その1]